日本オランウータンリサーチセンター

役員・スタッフ紹介

役員プロフィール

 

代表 黒鳥 英俊 (くろとり ひでとし)

 

1952年生まれ、北海道出身。
京都大学大学院理学研究科後期博士課程単位取得退学。
2013年37年間勤めていた動物園を退職。それまで上野動物園や多摩動物公園でゴリラ、オランウータン、チンパンジーなどの類人猿の飼育を担当する。
2010年より上野動物園で学芸員として教育普及や広報の仕事を行う。同年、京都大学野生動物研究センターで動物園のオランウータンの研究を行い、2016年より京都大学霊長類研究所共同研究員として研究を継続している。
また、2007年よりNPOボルネオ保全トラストジャパンの理事として国内外でボルネオに生息するゾウやオランウータンなどの野生動物の保全活動を行っている。現在、茨城大学農学部で動物園学の非常勤講師も勤めるかたわら多方面に渡って類人猿の保護、啓蒙活動を行っている。

著書に「モモタロウが生まれた」(2001年)フレーベル館、
「オランウータンのジプシー」(2008)ポプラ社などがある。

副代表 金森 朝子(かなもり ともこ)

 

富山県出身。
東京工業大学大学院 生命理工学研究科 博士(理学)取得。
現在は、京都大学霊長類研究所 思考言語分野に非常勤研究員として所属。
2004年より、マレーシア・ダナムバレイ森林保護区にて野生オランウータンの調査を開始、現在も活動中。

 

著書に「(フィールドの生物学シリーズ第11巻)
 野生のオランウータンを追いかけて-マレーシアに生きる世界 最大の樹上生活者-」
(2013)東海大学出版部がある。

事務局長 久世 濃子(くぜ のうこ)

 

東京都出身。
東京工業大学大学院 生命理工学研究科 博士(理学)取得。
京都大学理学研究科や京都大学野生動物研究センターの研究員等を勤め、現在は、国立科学博物館人類研究部に日本学術振興会特別研究員として所属。
2005年より、マレーシア・ダナムバレイ森林保護区にて野生オランウータンの調査を開始、現在も活動中。

 

著書に「オランウータンってどんな『ヒト』?」
(2013)朝日学生新聞社がある。

 理事 田島 知之(たじま ともゆき)

 

東京都出身。
京都大学大学院理学研究科 博士後期課程 単位取得退学。
現在、同研究科 教務補佐員。
2011年からマレーシア・ダナムバレイ森林保護区での野生オランウータン研究プロジェクトに参加。

共著書に「はじめてのフィールドワーク@アジア・アフリカの哺乳類編」
(2016)東海大学出版部がある。

 

 

事務局スタッフ

蔦谷 匠(つたや たくみ)

東京都出身。
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 博士(生命科学)取得。
現在は、京都大学大学院理学研究科に日本学術振興会特別研究員として所属。
2015年より、マレーシア・ダナムバレイ森林保護区にて野生オランウータンの調査を開始、現在も活動中。

中村 千晶(なかむら ちあき)

川嶋 加奈子(かわしま かなこ)


ホーム RSS購読 サイトマップ
おらけんについて おらけんを支援する オランウータンについて 野生オランウータンの研究