日本オランウータンリサーチセンター

ダナムバレイ・レポート

ダナムバレイレポート〜2019年3月

2019年3月
事務局長の久世がダナムバレイ(ボルネオ島)で調査研究活動を行いました。

2019年3月18日

3月15日からダナムバレイに来ています。もう3週間近く雨が降ってないとのことで、色々な木が開花し始めています。調査助手のPeoによると、(開花した為)ハチが多いので、オランウータンがいつもより低い位置にいて、見つけにくい、とのこと。今日(18日)にようやくオランウータンの母子が見つかりました。

 

2019年3月19日

18日の午前に見つけたAmy母子は、昼過ぎに見失ってしまいましたが、入れ代わりで現れたYamato(雌)とKhai(雄)の若いカップルの追跡に切り替えました。
今日(19日)は早朝からYamatoを追跡しています。彼女はもう妊娠してもおかしくない年齢なのですが、まだ妊娠の兆候は見られません。

 

写真は、YamatoとKahiが実を食べていたイチジクの木です(中央後ろの大きな木)。
次の写真中央がYamatoです

 

2019年3月20日

「昨晩は久しぶりに夜も雨が振りました。今日も朝からどんより曇り空で時々降ってます。今朝は昨日、調査小屋の近くで見つけたフランジ雄のGotenzを追跡しています。(久世)」
写真1「スコール(左のイチジクの木にオランウータンがいます)」
写真2「イチジクから降りてきたGotenz」

 

2019年3月21日

3/21「今日はオランウータン追跡はオフでしたが、サバ大学の院生さんのネストセンサス調査を行いました。植林された森とダナムバレイの原生林で、ネストの密度やネストを作る木の特徴を比較する研究です。」

 

2019年3月22日

今日(22日)の投稿です。「今日は月に一度のフェノロジー調査。調査地内に設置した5ヶ所のプロット内で、一定以上の大きさの木の新葉・花・果実のつき具合を確認します。いつもより花が多く見られましたが、フタバガキ科の開花はほとんど見られませんでした。一斉開花は来るのか!?」写真1:フェノロジー調査中のEddy

 

2019年3月23日

23日は午前も午後も雨でネットに繋がりにくく更新できにくかったので遅くなりました。
今日はオランウータンの生息密度を推定するネストセンサスと、森の果実の実り具合を調べる落下果実センサスを行いました。
調査地内で一番標高が高いビュウポイントから熱帯雨林を見下ろすと、チラホラとフタバガキ科の開花が見られました。
1ネストを探す調査助手
2ビュウポイントからみた熱帯雨林
3開花しているフタバガキ(白っぽいのが花)


ホーム サイトマップ
おらけんについて おらけんを支援する オランウータンについて 野生オランウータンの研究