オランウータンの研究・保全活動を支援

書籍紹介

1900年代から出版されているオランウータン関連の本を専門書から児童書まで幅広くご紹介します。最近では、日本語で出版されているオランウータン関連書籍の多くはおらけん関係者が何らかの形で携わっており、それらの本は業績のページでご紹介しています。しかし、おらけんが関わっていないもので、オランウータンに関する魅力的な本はまだまだたくさんあります!

おらけん代表・研究者の本はこちら

オランウータンに関する⽇本語の本ははっきりいってとても少ないです。
そのうえ、絶版になっている本がほとんど!日本語の本で満⾜できない⼈は、英語を読むしかありません。

専門書

  • ぼくはオランウータン博士
    オススメ

    ぼくはオランウータン博士

    2021年
    IKEA(イケア)
    URSKOG ウルスコグ

    可愛らしいイラストがたくさん詰まっていて、一見すると児童書だが、中身は専門的なもので、文学的なメッセージも含まれている。

  • オランウータンの不思議社会

    オランウータンの不思議社会

    2003年
    岩波ジュニア新書
    鈴⽊晃

    20年以上にわたってインドネシアのクタイ国⽴公園で野⽣オランウータンの研究続けている著者が、オランウータンの⽣態と彼らを取り巻く現状を綴る。

  • オランウータンに森を返す⽇
    絶版

    オランウータンに森を返す⽇

    2000年
    旺⽂社
    川端裕人

    1999年に⼤阪で起きた密輸オランウータン事件の、⼦供向けドキュメンタリー。わかりやすく、内容もよくまとまっている。

  • オランウータンとともに 上・下

    オランウータンとともに 上・下

    1999年
    新曜社
    ビルーテ・ガルディカス 著
    杉浦秀樹,⻫藤千映美,⻑⾕川寿⼀ 訳

    ⻄カリマンタン(ボルネオ島インドネシア領)のタンジュンプティン国⽴公園でオランウータンの研究と保護活動に⻑年携わっている、ガルディカス博⼠の著作。オランウータンに関する情報というよりは、⾃伝に近い内容になっている。

  • オレ、ひとし
    絶版

    オレ、ひとし

    1985年
    サンケイ出版
    ⼭川修

    ⼈間として育てられたオランウータンの16年間のドキュメンタリー。著者が本当にオランウータンの「ひとし」を我が⼦のように愛し、育てていたのが伝わってくる。⼊⼿は難しいが、ほぼ同内容の⾃費出版本「わが⼦オランウータン」が古書として流通している可能性あり。

  • さあ森へお帰り
    絶版

    さあ森へお帰り

    1984年
    早川書房
    モニカ・ボルナー著 増井久 訳

    スマトラ島でのオランウータンの野⽣復帰事業に携わった、イギリスの動物学科の学⽣が書いたエッセイ。

  • わが内なる類⼈猿
    絶版

    わが内なる類⼈猿

    1981年
    早川書房
    ジョン・マッキノン 著 ⽔原洋 訳

    著者は初めて本格的に野⽣のオランウータンを野外調査を⾏った研究者。学術雑誌Animal Behavior(1974年)に掲載された彼の論⽂は、今でよく引⽤されており、評価が⾼い。ゴリラ、チンパンジーなど各地の類⼈猿を⾃ら観察し、⼈類進化について考察した⼀冊。原書の出版が1978年で、まだまだ限られた情報しかなかったはずなのに、意外に「正しい」推測がある。ある程度専⾨知識を持った⼈が読んだ⽅が、こうした「過去の予測(推測)」を楽しめる。

  • 孤独な森の住⼈
    オススメ

    孤独な森の住⼈

    1977年
    早川書房
    ジョン・マッキノン 著⼩原秀雄,⼩野さやか 訳

    著者は初めて本格的に野⽣のオランウータンを野外調査を⾏った研究者。学術雑誌Animal Behavior(1974年)に掲載された彼の論⽂は、今でよく引⽤されており、評価が⾼い。この本も絶版だが、古書店では⼊⼿可能。たった⼀⼈で深い森の中でオランウータンを追跡し続ける、著者の調査の様⼦は圧巻。まさに「冒険」といっても過⾔ではない、過酷なフィールドワークを通してしか⾒ることができない、オランウータンの珍しい⾏動が活き活きと描かれており、今でも⼗分読むに値する。

  • Orang-Utan: The Natural History of an Endangered Ape
    オススメ 英語のみ

    Orang-Utan: The Natural History of an Endangered Ape

    2017
    Natural History Publication
    Elizabeth L.. Bennett

    1998年に出版された同名タイトルの第2版。カラー写真が豊富で、英語も簡単、⼿頃な厚さなので、オランウータンの⽣態について学ぶ⼊⾨書としては最適。巻末にはマレーシアとインドネシアのリハビリテーション施設に関する情報が詳しく載っている。海外のネット書店やサバ州の書店やおみやげ屋では⽐較的容易に⼿に⼊る。

  • Orangutans: Geographic Variation in Behavioral Ecology and Conservation
    オススメ 英語のみ

    Orangutans: Geographic Variation in Behavioral Ecology and Conservation

    2009
    Oxford University Press
    Serge A. Wich , S. Suci Utami Atmoko, Tatang Mitra Setia & CarelP. van Schaik (ed)

    オランウータン学術専⾨書。「地域間⽐較」がメインテーマで、まだほとんど公表されていない新しい調査地で収集された最新のデータや、古い調査地の未発表データも数多く使われている。⽣態はもちろん、遺伝、形態、移動様式、採⾷、繁殖、社会、⽂化、発達、保護などなど幅広いトピックを第⼀線で調査をしている研究者達が綴っている。これからオランウータンを研究しよう!という若⼿研究者や学⽣さんには必読の1冊。

  • Orang-utans
    オススメ 英語のみ

    Orang-utans

    2008
    New Holland
    Juaidi Payne and Cede Prudente

    マレーシアの哺乳類の保護活動に⻑年携わってきたPayne博⼠が⽂章を、サバ州の有名な写真家のCede氏が写真を担当したオランウータン本。特に写真が素晴らしい。オランウータンの魅⼒溢れた写真だけでなく、彼らの⽣息地が破壊されつつあることが伝わってくる写真も多い。

  • Among Orangutans
    英語のみ

    Among Orangutans

    2004
    Harvard University Press
    Carel P. van Schaik, (Photo) Perry van Duijnhoven

    著者は⻑年、野生オランウータンの研究を続けてきた、社会⽣態学・霊長類学の⼤御所。野⽣オランウータンの道具使⽤の写真や、1本の⽊に鈴なりなっているオランウータンの写真など、スマトラでしか⾒られない、珍しい写真が多数。

  • Orangutans: Wizards of the Rain Forest
    英語のみ

    Orangutans: Wizards of the Rain Forest

    2000
    Firefly Books
    Anne E. Russon

    著者はカリマンタン島(ボルネオ島)タンジュンプティン国立公園やリハビリテーションセンターでオランウータンの⾏動を研究している認知科学者。昔のリハビリテーションセンターのオランウータンのカラー写真が多数掲載されている。

  • Our vanishing relative: The status of wild orang-utans at the close of the twentieth century
    英語のみ

    Our vanishing relative: The status of wild orang-utans at the close of the twentieth century

    1999
    ‎ Springer
    H.D.Rijksen,E Meijaard

    今や大御所となったオランウータン研究者2名が、1980-1990年代に行った野生オランウータンの調査結果をまとめている。また、保全情報についても詳細に書かれていて、調査を通して感じた絶滅の危機について率直に語っている。

  • Orangutan Odyeesy
    英語のみ

    Orangutan Odyeesy

    1999
    Harry N. Abrams, Inc.
    Birute M. F. Galdikas and Nancy Briggs, (Photo) Karl Ammann

    ガルディカス博⼠がインドネシアで運営している有名なリハビリテーションセンター(タンジュンプティン国⽴公園)で撮影されたオランウータンの写真集。ガルディカス博⼠とともに「リーキー三姉妹」の⼀⼈として名⾼い、チンパンジー研究者のジェーン・グドール博⼠が序⽂を寄せている。

  • The Natural History of ORANG-UTAN
    英語のみ

    The Natural History of ORANG-UTAN

    1998
    Natural History Publication
    Elizabeth L.. Bennett

    カラー写真が豊富で、英語も簡単、⼿頃な厚さなので、オランウータンの⽣態について学ぶ⼊⾨書としては最適だったが、2017年に最新情報が掲載された第2版が出版されたので、今から買うならそちらオススメ。

  • The Orang-Utan
    英語のみ

    The Orang-Utan

    1999
    National Library of Australia
    Gisela Kaplan, Lesley Rogers

    オランウータンの⽣態や⾏動に関する情報がわかりやすくまとめられている。「The Natural History of ORANG-UTAN」より詳しい情報が載っていて、「Among Orangutans」よりは⼿軽に読める。巻末には引⽤⽂献リストが載っている。

  • The Neglected Ape
    英語のみ

    The Neglected Ape

    1995
    Plenum Press
    Galdikas, B.M.F., Nadler, R.D., Rosen, N., Sheeran, L.K. (Eds.)

    1900年代にまとめられたオランウータンの学術書。各章ごとに、著名なオランウータン研究者らが貴重な記録を残している。学術書であるため情報としては古いのだが、記述による鋭い観察記録や考察が大変参考になる。

写真集

  • オランウータンに会いに⾏く
    オススメ

    オランウータンに会いに⾏く

    2011年
    偕成社
    横塚 眞⼰⼈

    撮影場所はボルネオ島のダナムバレー森林保護区などで、対象は野⽣のオランウータン。著者はクライミング⽤品を使⽤する⽊登り技術を修得し、30mを越える熱帯⾬林の樹上でも撮影を敢⾏している。

  • 森の⼈オランウータン -earth angel- (Seiseisha mini book)

    森の⼈オランウータン -earth angel- (Seiseisha mini book)

    2009年
    ⻘菁社
    松成由紀子

    撮影場所と対象は「ちょっとオランウータン」(岩合 光昭 著)と同じカリマンタン(ボルネオ島)のタンジュンプティン国⽴公園。リハビリテーションセンター出⾝のオランウータンを撮影した写真集。

  • オランウータン ジプシーファミリー ―写真絵本
    オススメ

    オランウータン ジプシーファミリー ―写真絵本

    2009年
    ⽇本写真企画
    ⼭崎 正路

    多摩動物公園のオランウータン、ジプシーの⼦・孫を全国の動物園に訪ね歩いて撮影された写真集。多摩で⼀緒に暮らす仲間達も登場。 多くのオランウータンを⽐較できるので、彼らの顔立ちの違いがよくわかる。特にフランジのあるオトナ雄の⽐較は⼀⾒の価値あり。

  • ちょっとオランウータン

    ちょっとオランウータン

    2009年
    ⼩学館
    岩合 光昭

    世界的な動物写真家、岩合光昭⽒がカリマンタン(ボルネオ島)のタンジュンプティン国⽴公園に通って撮影。主にリハビリテーションセンター出⾝のオランウータンを撮影した写真集。

  • オランウータンからの伝⾔

    オランウータンからの伝⾔

    2004年
    ゴマブックス株式会社
    丹下克⼰

    タンジュンプティン国⽴公園で撮影されたオランウータンの写真集。リハビリテーションセンター出⾝のオランウータンを「野⽣オランウータン」と⾔い切っているところは少し気になる。

  • テリマカシ

    テリマカシ

    2002年
    道出版
    丹下克⼰

    主にタンジュンプティン国⽴公園のリハビリテーションセンターで撮影したと思われる、写真絵本。野⽣とは違う、オランウータンの姿が多くみうけられる。

絵本・児童書

  • おらんちゃん

    おらんちゃん

    2021年
    福音館書店
    MAYAMAXX

    イラストレーター・画家として著名なMAYA MAXXさんによるオランウータンの絵本。新品に挟まれている別紙に掲載されている著者からの言葉に、オランウータンへの著者の愛情を感じる。

  • おやすみ、ぼく
    オススメ

    おやすみ、ぼく

    2009年
    クレヨンハウス アンドリュー・ダッド:
    文、エマ・クエイ:絵
    落合恵子:訳

    オランウータンの「ぼく」が手足、目、と体の各部位に「おやすみなさい」といいながら寝付く様子をやわらかいタッチの絵で描いている。小さい子の寝かしつけに効果てきめん!と根強い人気がある絵本。

  • ウータンタンのおはなし

    ウータンタンのおはなし

    2006年
    新⾵舎
    作:⼭庭さくら 絵:陣条和榮

    動物園のオランウータンを主⼈公にした絵本。物語の中⼼になっている、「オランウータンが頭の上に葉っぱをのせる」という⾏動は、野⽣でも飼育下でもよくみられる。オランウータン特有だけども、彼らにとっては普通の⾏動をうまくモチーフにした作品。

  • おさるのボーボ
    オススメ

    おさるのボーボ

    2004年
    ノルドズッド・ジャパンハンス・デ・ビア
    絵:セリーナ・ロマネリ
    文、今福 仁 :訳

    オランウータンの男の子が森で拾ったバイオリンを弾くお話。フランジオス(おじさん)とアンフランジオス(お父さん)が両方登場する珍しい?絵本。美しい森の景色も堪能できる。2003年には続編「おさるのボーボたこをあげる」が出版されている。

  • 写真絵本「オランウータンの森」
    オススメ

    写真絵本「オランウータンの森」

    2004年
    国⼟社 写真/監修:
    鈴⽊晃 ⽂:鈴⽊南⽔⼦

    おそらく⽇本初、世界でもめずらしい野⽣のオランウータン写真絵本(たいていのオランウータンの写真集はリハビリテーションセンターで撮影している)。⽂章は英語・⽇本語で併記されている。

  • エリスおじさんはおかあさん

    エリスおじさんはおかあさん

    1999年
    チャイルド本社
    岡本 一郎 (著) 榎本 功

    セピロク・オランウータン・リハビリテーションセンターで働くレンジャー「エリス」さんの仕事を追った、⼦供向けの写真絵本。通常は観光客に公開されていないエリアで、どんな⾵に孤児オランウータン達が過ごしているのかわかる。

  • ズーブックス ゴリラ/オランウータン
    絶版

    ズーブックス ゴリラ/オランウータン

    1985年
    誠⽂堂新光社
    ジョン・ボネット・ウェクソ 著 増井光⼦ 訳

    スマトラ・オランウータンとボルネオ・オランウータンの形態の違いを、フルカラーのリアルなイラストで表現している。⼦供向けの本だが内容は濃く、今でも通⽤する正確さ。