おらけんの研究実績

おらけんの研究実績

著書(単著)

  • 類人猿の社会で愛情について考えた

    恋するサル 類人猿の社会で愛情について考えた

    著者:黒鳥 英俊
    出版: 2020年
    出版社:CCCメディアハウス

    詳細情報

  • モモタロウが生まれた

    モモタロウが生まれた

    著者:黒鳥 英俊
    出版: 2001年
    出版社:フレーベル館

    詳細情報

  • オランウータンのジプシー

    オランウータンのジプシー

    著者:黒鳥 英俊
    出版: 2008年
    出版社:ポプラ社

    詳細情報

  • オランウータン 森の哲人は子育ての達人

    オランウータン 森の哲人は子育ての達人

    著者:久世 濃子
    出版: 2018年
    出版社:東京大学出版会

    詳細情報

  • オランウータンってどんなヒト?

    オランウータンってどんなヒト?

    著者:久世 濃子
    出版: 2013年
    出版社:朝日学生新聞社

    詳細情報

  • オランウータンに会いたい

    オランウータンに会いたい

    著者:久世 濃子
    出版: 2020年
    出版社:あかね書房

    詳細情報

  • 野生のオランウータンをおいかけて

    野生のオランウータンをおいかけて

    著者:金森朝子
    出版: 2013年
    出版社:東海大学出版会

    詳細情報

  • 第11回 金森隊長の特別講義「『森の人』オランウータンをもっと知ろう」

    第11回 金森隊長の特別講義「『森の人』オランウータンをもっと知ろう」

    著者:金森朝子
    出版: 2019年
    出版社:エトヴァス・ノイエス

    詳細情報

著作(共著・翻訳・監修など)

  • 東西ベルリン動物園大戦争

    東西ベルリン動物園大戦争

    著者:ヤン・モーンハウプト 著、黒鳥英俊 監修、赤坂桃子 訳
    出版: 2020年
    出版社:CCCメディアハウス
    出版社:CCCメディアハウス

    詳細情報

  • 世界で一番美しいサルの図鑑

    世界で一番美しいサルの図鑑

    著者・監修者:京都大学霊長類研究所(p116-119「スマトラ・オランウータン」「ボルネオ・オランウータン」 を金森朝子が執筆)
    出版: 2017年
    出版社:エクスナレッジ社

    詳細情報

  • はじめてのフィールドワーク①アジア・アフリカの哺乳類

    はじめてのフィールドワーク①アジア・アフリカの哺乳類

    著者:田島知之・本郷峻・松川あおい他(p2-37「空飛ぶトカゲと森の人」を田島知之が執筆)
    出版: 2016年
    出版社:東海大学出版会

    詳細情報

  • フィールドノート古今東西(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ13)

    フィールドノート古今東西(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ13)

    著者:梶丸岳・椎野若菜・丹羽朋子(p74-81「霊長類学者のフィールドノート~私の試行錯誤~」を久世濃子が執筆)
    出版:2016年
    出版社:古今書院

    詳細情報

  • 女も男もフィールドへ(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ12)

    女も男もフィールドへ(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ12)

    著者:的場澄人・椎野若菜(p76-89「子どもを連れてボルネオ島の熱帯雨林へ」を久世濃子が執筆)
    出版: 2016年
    出版社:古今書院

    詳細情報

  • セックスの人類学(シリーズ来たるべき人類学)

    セックスの人類学(シリーズ来たるべき人類学)

    著者:奥野克巳, 椎野若菜, 竹ノ下祐二編著 (p74-103「セックスをめぐる葛藤―オランウータンを中心に」を久世濃子が執筆)
    出版:2009年
    出版社:春風社

    詳細情報

  • 正解は一つじゃない 子育てする動物たち

    正解は一つじゃない 子育てする動物たち

    著者:齋藤 慈子、平石 界、久世 濃子 編
    出版:2019年
    出版社:東京大学出版会

    詳細情報

  • オランウータン (どうぶつの赤ちゃんとおかあさん)

    オランウータン (どうぶつの赤ちゃんとおかあさん)

    著者:スージー エスターハス(Suzi Eszterhas) 監修:成島 悦雄、翻訳:黒鳥 英俊
    出版: 2013年
    出版社:さ・え・ら書房

    詳細情報

学術論文(原著)

和文
  • 贈与以前-ヒト科類人猿の食物分配-

    執筆者:岩田有史、田島知之
    発表年:2016年
    掲載書籍:『贈与論再考-人間はなぜ他者に与えるのか』(岸上伸啓(編))臨川書店 p42–69

  • 謎に包まれたアジアの同胞 半単独性生活と性の特徴から迫るオランウータンの社会

    執筆者:久世濃子
    発表年:2016年
    掲載書籍:現代思想 2017年12月号

  • オランウータンの樹上生活とロコモーション

    執筆者:久世濃子
    発表年:2014年
    掲載書籍:バイオメカニズム学会誌 38巻3号, pp 187-192

  • オランウータンの生態と保全

    執筆者:久世濃子
    発表年:2014年
    掲載書籍:海外の森林と林業 No.89. Pp 20-25

  • ボルネオ島ダナムバレー森林保護地域における野生オランウータン調査地

    執筆者:金森朝子
    発表年:2006年
    掲載書籍:霊長類研究 22号 p51-56

英文
  • “生息地の変化を知る”の成果

    Difference in Population Density of Orangutan between Flooded and Non-flooded Forests.

    執筆者:Kanamori T, Kuze N, Kohshima S
    発表年:2019年
    掲載書籍:Primates in Flooded Habitats: Ecology and Conservation, Cambridge University Press, Cambridge. :pp212-216

  • “親子関係から社会を探る“の成果

    Reproductive success of two male morphs in a free-ranging population of Bornean orangutans.

    執筆者:Tajima T, Malim TP, Inoue E.
    発表年:2018年
    掲載書籍:Primates 59(2):127-133

  • “食物から森を理解する”の成果

    Fluctuations of population density in Bornean orangutans (Pongo pygmaeus morio) related to fruit availability in the Danum Valley, Sabah, Malaysia: a 10-year record including two mast fruitings and three other peak fruitings.

    執筆者:Kanamori T, Kuze N, Bernard H, Malim TP, Kohshima S.
    発表年:2017年
    掲載書籍:Primates 58(1):225-235.

  • Urinary sex steroid hormone and placental leucine aminopeptidase concentration differences between live births and stillbirth of Bornean orangutans (Pongo pygmaeus).

    執筆者:Kinoshita K, Sano Y, Takai A, Shimizu M, Kobayashi T, Ouchi A, Kuze N, Inoue-Murayama M, Idani Gi, Okamoto M and others.
    発表年:2017年
    掲載書籍:Journal of Medical Primatology 46(1) :3-8

  • “コドモの発達“の成果

    Development and behavior of wild infant-juvenile East Bornean orangutans (Pongo pygmaeus morio) in Danum Valley.

    執筆者:Mendonca RS, Kanamori T, Kuze N, Hayashi M, Bernard H, Matsuzawa T
    発表年:2016年
    掲載書籍:Primates: 58(1) : 211-224. doi:10.1007/s10329-016-0567-6.

  • Behavioral and physiological changes in a juvenile Bornean orangutan after a wildlife rescue.

    執筆者:Mendonca RS, Takeshita RSC, Kanamori T, Kuze N, Hayashi M, Kinoshita K, Bernard H, Matsuzawa T 発表年:2016年 掲載書籍:Primates 57(1) :116-122.

  • Detection of urinary estrogen conjugates and creatinine using near infrared spectroscopy in Bornean orangutans (Pongo Pygmaeus)

    執筆者:Kinoshita K, Kuze N, Kobayashi T, Miyakawa E, Narita H, Inoue-Murayama M, Idani Gi, Tsenkova R. 発表年:2015年 掲載書籍:Global Ecology and Conservation 8 :51-59

  • Fatality of a wild Bornean orangutan (Pongo pygmaeus morio): behavior and death of a wounded juvenile in Danum Valley, North Borneo.

    執筆者:Kanamori T, Kuze N, Bernard H, Malim T, Kohshima S. 発表年:2012年 掲載書籍:Primates 53(3) :221-226.

  • A wild Borneo orangutan carries large numbers of branches on the neck for feeding and nest building in the Danum Valley Conservation Area.

    執筆者:Kuze N, Kawabata H, Yamazaki S,Kanamori T, Malim TP, Bernard H. 発表年:2011年 掲載書籍:Primate Research 27(1) : 21-26

  • Parasites found from the feces of Bornean orangutans in Danum Valley, Sabah, Malaysia, with a redescription of Pongobius hugoti and the description of a new species of Pongobius (Nematoda: oxyuridae)

    執筆者:Kuze N, Kanamori T, Malim TP, Bernard H, Zamma K, Kooriyama T, Morimoto A, and Hasegawa H. 発表年:2010年 掲載書籍:American Society of Parasitologists pp 954-960

  • Feeding ecology of Bornean orangutans (Pongo pygmaeus morio) in Danum Valley, Sabah, Malaysia: a 3-year record including two mast fruitings.

    執筆者:Kanamori T, Kuze N, Bernard H, Malim TP, Kohshima S. 発表年:2010年 掲載書籍:American Journal of Primatology 1-21

学術論文(共著)

  • Comparative analysis of sperm motility in liquid and seminal coagulum portions between Bornean orangutan (Pongo pygmaeus) and chimpanzee (Pan troglodytes)

    執筆者:Kodzue Kinoshita, Yoriko Indo, Tomoyuki Tajima, Noko Kuze, Etsuko Miyakawa, Toshio Kobayashi, Tomoyuki Nakamura, Mitsuaki Ogata, Fumihiko Okumura, Takashi Hayakawa, Naruki Morimura, Yusuke Mori, Munehiro Okamoto, Yasuhiko Ozaki, Satoshi Hirata
    発表年:2021年
    掲載書籍:Primates 2021 Jan 19. doi: 10.1007/s10329-020-00887-2.

  • Habitat use by a primate community in a lowland dipterocarp forest in Danum Valley, Borneo.

    執筆者:Hanya G, Kanamori T, Kuze N, Wong ST, Bernard H.
    発表年:2020年
    掲載書籍:American Journal of Primatology 82: e23157. DOI: 10.1002/ajp.23157

  • The slow ape: High infant survival and long interbirth intervals in wild orangutans.

    執筆者:van Noordwijk MA, Utami Atmoko SS, Knott CD, Kuze N, Morrogh-Bernard HC, Oram F, Schuppli C, van Schaik CP, Willems EP.
    発表年:2018年
    掲載書籍:Journal of Human Evolution 125: 38-49

  • Coming down from the trees: Is terrestrial activity in Bornean orangutans natural or disturbance driven?

    執筆者:Ancrenaz M, Sollmann R, Meijaard E, Hearn AJ, Ross J, Samejima H, Loken B, Cheyne SM, Stark DJ, Gardner PC, Goossens B, Mohamed A, Bohm T, Matsuda I, Nakabayasi M, Lee SK, Bernard H, Brodie J, Wich S, Fredriksson G, Hanya G, Harrison ME, Kanamori T, Kretzschmar P, Macdonald DW, Riger P, Spehar S, Ambu LN, Wilting A
    発表年:2014年
    掲載書籍:Scientific Reports 4 :4024

  • Seasonality in fruit availability affects frugivorous primate biomass and species richness

    執筆者:Hanya G, Stevenson P, van Noordwijk M, Te Wong S, Kanamori T, Kuze N, Aiba S-i, Chapman CA, van Schaik C.
    発表年:2011年
    掲載書籍:Ecography 34 :1009-1017.

  • The effects of Pleistocene glaciations and rivers on the population structure of Bornean orangutans (Pongo pygmaeus)

    執筆者:Arora N, Nater A, van Schaik C, Willems E, van Noordwijk, Goossens MB, adja Morf N, Bastian M, Knott C, Morrogh-Bernard H, Kuze N, Kanamori T, Pamungkas J, Perwitasari-Farajallah D, Warren K, Verschoor E, Krutzen M,
    発表年:2010年
    掲載書籍:Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS) : p21376-21381

  • Orangutan activity budgets: a comparison between species, population and habitats.

    執筆者:Morrogh-Bernard HC, Ancrenaz M, Husson, SJ, Kanamori T., Knott CD, Kuze N, Lackman-Ancrenaz I, Marshall AJ, van Noordwijk M, van Schaik CP and Wich SA.
    発表年:2009年
    編集:In Wich SA, Utami SS, Setia TM, van Schaik CP, editors. Orangutans: Geographical Variation in Behavioral Ecology.
    掲載書籍:Oxford University Press, Oxford, 119-133 (Chapter 8)

  • Geographic variation in orangutan diets.

    執筆者:Russon A, Wich S, Ancrenaz M, Kanamori, T, Knott C, Kuze N, Morrogh-Bernard HC, Pratje P, Ramlee H, Rodman P, Sidiyasa K, Singleton I and van Schaik CP.
    発表年:2009年
    編集:In Wich SA, Utami SS, Setia TM, van Schaik CP editors. Orangutans: Geographical Variation in Behavioral Ecology.
    掲載書籍:Oxford University Press, Oxford 135-156 (Chapter 9)

その他の執筆

  • サバ州で生み出される孤児たち

    執筆者:田島知之
    発表年:2018年
    掲載書籍:「知識探訪」―多民族社会の横顔を読む.(日本マレーシア学会)

  • 人はなぜ他者に与えるのか: 霊長類研究というアプローチ

    執筆者:田島知之
    発表年:2017年
    掲載書籍:ER. 4号. 富士通総研経済研究所, pp. 30–33.

  • 人はなぜ他者に与えるのか: 霊長類研究というアプローチ

    執筆者:「オランウータン」 について金森朝子が解説を執筆(写真:松成由起子)
    発表年:2017年
    掲載書籍:フレーベル館

メディアへの協力・監修など

  • TV

    NHK Eテレ『又吉直樹のヘウレーカ!』(撮影協力・出演)

    2019年2月6日 午後10時00分~ 午後10時45分放送

  • TV

    NHK BSプレミアム『マレーシア ボルネオ島 オランウータン 一斉開花の森に集う』(撮影協力・出演)

    2019年2月6日 午後10時00分~ 午後10時45分放送

  • TV

    NHK-BS1『キャッチ!世界の視点「動物の人権」』(出演・協力)

    2015年6月8日

  • TV

    NHK総合『ホットスポット最後の楽園season2-第5回巨木が作った天空の王国~スンダランド~』(撮影協力・出演)

    2015年2月15日

  • TV

    NHK総合『ホットスポット最後の楽園-福山雅治 最後の楽園を行く』(撮影協力・出演)

    2013年1月3日

  • 雑誌

    ナショナルジオグラフィック日本語版「オランウータン樹上の危うい未来」(編集協力)

    2016年12月号