オランウータンの学術研究を支援する

日本オランウータンリサーチセンター

日本オランウータン・リサーチセンター(おらけん)は学術研究の支援と普及啓発活動に取り組んでいます。
絶滅の危機に瀕するオランウータンの生態を解明し、オランウータンの魅力を多くの方に知っていただくために活動しています。

活動案内

4月3日久世のインタビュー記事の連載が始まりました(全3回予定)

 

 

日経Dualにて「子育てのモヤモヤはすべてサルから説明できる!」と題したインタビュー連載が始まりました。
(全3回)
4月3日第1回「赤ちゃんがわんわん泣くのには理由があった」が掲載されました。
オランウータンの研究と自身の子育ての経験から追及したヒトの子育てについて久世がわかりやすく解説しています。
ぜひご一読ください。

 

日経Dual記事「子育てのモヤモヤはすべてサルから説明できる!」へ

田島の研究紹介が掲載されました

人類学若手の会の機関誌「Anthropological Letters」7号に、田島が執筆した研究紹介「オランウータンの父親さがし」が掲載されました。
現在おらけんで行っているクラウドファンディングの研究紹介です。ぜひご一読ください。

 

https://sites.google.com/site/jinruiwakate/journal

お知らせ

代表黒鳥の新刊本『東西ベルリン動物園大戦争 黒鳥英俊:監修』を紹介いたします

 

戦中・戦後を必死で生き抜いたベルリンの二つの動物園のノンフィクション。
ドイツ語原書を読んだ黒鳥が惚れ込み、このおもしろい本を是非日本で紹介したい!と切望・奔走しました。
その熱意が実った会心の1冊。
オランウータンの専門書ではありませんが動物園や動物に興味のある方にとても興味深い内容になっています。
黒鳥が章ごとに注釈した「動物園の歩き方」が遠い過去の遠い外国の動物園と現在日本の動物園とをつなぐ様も楽しめます。

 

【書名】東西ベルリン動物園大戦争
【著者】ヤーン・モーンハウプト
【監修】黒鳥英俊
【翻訳】赤坂桃子
【発行】CCCメディアハウス
【発売日】2018年9月1日

 

各書店、amazon等で好評発売中です。

 

どうぶつのくに 2018年10月号はスマトラオランウータンの特集です

 

どうぶつのくに 2018年10月号 VOL115は 「スマトラオランウータンと水品さん」特集です。
市川市動植物園のスマトラオランウータンのイーバン(写真)達と長年飼育にたずさわってきた水品飼育員さんの記事です。
事務局長の久世も「スマトラオランウータンの分類と生態」を寄稿しています。
レアなオランウータングッズや久世著「オランウータン(著者サイン本)」のプレゼント(応募10月末まで消印有効)もあります。
下記リンクよりWEB上で閲覧できます。ぜひご覧ください。

 

どうぶつのくにvol.115

 

新しいオランウータンの本がでました!

 

 

【書名】オランウータン−−森の哲人は子育ての達人

【著者】久世濃子
【発行】東京大学出版会
【発売日】2018年7月17日
【ISBN】978-4-13-063349-9
【体裁】四六判・縦組・ハードカバー・196ページ
【定価】本体価格3000円
【概要】子育ての達人――オランウータン.
アジアの熱帯雨林で暮らす「森の哲人」たちの究極の子育てを紹介.
長い時間をかけて,とても大切に子どもを育て上げる母親たちの育児から,
ひとりで生きていてもけっして孤立はしないユニークな社会がみえてくる.

 

Amazon等のオンライン書店で購入できます。
紀伊國屋などの大きな書店なら、科学(生物)コーナーに置いてある可能性があります。

 

2013年以降の、オランウータンに関する最新の研究成果も紹介していますので、ご覧になっていただければ幸いです。

 

Amazonへ
楽天ブックスへ

 

イベントなどのおらけんブースで販売することもあります。著書サイン会を行うこともあります。活動案内にてお知らせいたします。

おらけんパンフレットをWEBでもご覧いただけるようにしました


講演会等ご案内

 

 
 

ホーム サイトマップ
おらけんについて おらけんを支援する オランウータンについて 野生オランウータンの研究