日本オランウータンリサーチセンター

役員・スタッフ紹介

役員プロフィール

 

代表 黒鳥 英俊 (くろとり ひでとし)

 

1952年生まれ、北海道出身。
京都大学大学院理学研究科後期博士課程単位取得退学。
2013年37年間勤めていた動物園を退職。それまで上野動物園や多摩動物公園でゴリラ、オランウータン、チンパンジーなどの類人猿の飼育を担当する。
2010年より上野動物園で学芸員として教育普及や広報の仕事を行う。同年、京都大学野生動物研究センターで動物園のオランウータンの研究を行い、2016年より京都大学霊長類研究所共同研究員として研究を継続している。
また、2007年よりNPOボルネオ保全トラストジャパンの理事として国内外でボルネオに生息するゾウやオランウータンなどの野生動物の保全活動を行っている。現在、茨城大学農学部で動物園学の非常勤講師も勤めるかたわら多方面に渡って類人猿の保護、啓蒙活動を行っている。

副代表 金森 朝子(かなもり ともこ)

 

富山県出身。
東京工業大学大学院 生命理工学研究科 博士(理学)取得。
京都大学霊長類研究所 思考言語分野・非常勤研究員を勤め、
現在は、京都大学野生動物研究センターに研究員として所属.
2004年より、マレーシア・ダナムバレイ森林保護区にて野生オランウータンの調査を開始、現在も活動中。

 

事務局長 久世 濃子(くぜ のうこ)

 

 

東京都出身。
東京工業大学大学院 生命理工学研究科 博士(理学)取得。
京都大学理学研究科や京都大学野生動物研究センターの研究員等を勤め、現在は、国立科学博物館人類研究部に日本学術振興会特別研究員として所属。
2005年より、マレーシア・ダナムバレイ森林保護区にて野生オランウータンの調査を開始、現在も活動中。

 

 理事 田島 知之(たじま ともゆき)


東京都出身。
京都大学大学院理学研究科 博士後期課程 単位取得退学。
現在、同研究科 教務補佐員。
2011年からマレーシア・ダナムバレイ森林保護区での野生オランウータン研究プロジェクトに参加。

 

 

事務局スタッフ

蔦谷 匠(つたや たくみ)

東京都出身。
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 博士(生命科学)取得。
京都大学大学院理学研究科の日本学術振興会特別研究員を経て、
現在は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)にポストドクトラル研究員として所属。
2015年より、マレーシア・ダナムバレイ森林保護区にて野生オランウータンの調査を開始、現在も活動中。

中村 千晶(なかむら ちあき)


東京都出身。
日本歯科大学卒、歯科医師。
日本歯科大学付属病院口腔外科等勤務を経て、チアキデンタルクリニック開業。
現在は、同クリニック院長として歯科診療の傍ら、2018年より日本歯科大学生命歯学部病理学講座客員講師として比較病理学の研究中。
ヒトの医療とのコラボで、動物園で飼育されているオランウータンの健康長寿に役立ちたいという思いで活動している。

川嶋 加奈子(かわしま かなこ)


奈良県出身。
2019年からは、主にスマタパ部門(スマトラオランウータン・タパヌリオランウータンに関する部門)担当として活動中。

藤井 真理奈(ふじい まりな)

水本 江理子(みずもと えりこ)

那須 優美(なす まさみ)


左より 藤井 中村  久世  川嶋
(2018年9月 多摩動物園公園 講演会会場にて)


ホーム サイトマップ
おらけんについて おらけんを支援する 野生オランウータンの研究 English site →